FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_20170602_193223.jpg

ぼんじゅーる、きょうも車が逆走していたアビジャンからです。
今日の写真は、退院後のマラリア自宅治療薬といっしょに処方してもらった栄養剤みたいなものです。
カルシウムとマグネシウムが入っているみたい。
消費しきる前に撮影しました。
なんとですね、これはガラスでできているのですよ。


かめ  ひえー、これガラスでしょ? どうやるわけ?

ねこ  先端のとこ折るんでしょ

かめ  ガラスだよ?

ねこ  あっ、やりたい、私がやる♪


と言う感じで、私がずっと折る役をさせてもらいました。
その後、友人に話すと、折り方にもコツがあったみたいです。


友人  ガラスの先端をコップから離して折らないとダメだよ

ねこ  えええ?

友人  だって、ガラスの細かい屑がはいるかもしれないでしょ?


そうでした。私は垂直に立てて折っていたのです。
友人のアドバイスに従い、斜めにして折るようにしました。
ぱきぱきっと折れて快感なのですが、やはり疑問があります。


ねこ  これ、ガラスで作る必要どこにあるわけ?

かめ  だよねえ、だよねえ!

ねこ  子どもとか触ったら危ないじゃん、プラで作ればいいのに


マグネシウムやカルシウムはプラだと溶けるとか、何かそういうケミカル的な条件があるのでしょうか。
そのあたりはよくわかりませんが、扱いに気を遣う、ある意味危険な栄養剤でした。

ところで、マラリアのワクチンですが、まだ実用に至っていないはずなのですが、コートジボワールの友人が言うには、予防注射があるそうです。
何人に聞いて回っても同じ答えなので、現地ではそのように医者が話して実施しているのかもしれませんが、予防接種ができたという話は聞いたことがなく、リサーチしていますが厚生労働省はまだ認可していません。

・パリュー(マラリア)の予防注射はある。
・4種混合で打つ中にパリュー(マラリア)が含まれている。
・WHOの支援で実施している。
・障害者は無料。非障害者はひとり1本あたり12,500セファ(だったかな)払う。


かめ  イギリスと日本の大阪大学が子どもを対象に臨床に進んでいるらしい

ねこ  私たちにも打ってもらえないかな?

かめ  臨床段階だから無理じゃないの? 厚生労働省は認可していない

ねこ  そんな認可まで10年ぐらいかかりそう…



らしいですね。
では、振り出しに戻って、現地の人たちのいう「パリューの予防注射」とは何でしょうか?
今度病院に行くので、医者に聞いて来ようと思いますが、何かご存知の方がいらっしゃったらぜひDMくださいませ。
ジャーナルで紹介したいと思います。

パリュー(マラリア)には、できればかかりたくないです。
夫を見ていると回復まで本当につらそうです。
事前知識があったから発症から24時間以内の搬送を目指せたけれど、あとから聞くと救急車を手配してくれた友人いわく、私の指示通りに病院が保有している救急車を要請したら救急車が故障していて出せないと言われて、ほかの病院関係の知人を通して手配してくれたそうです。
そのことは、すべて終わってから聞きました。
私はと言えば、その時はパニックに見えたので、「救急車、10分で来るから」と結果だけ教えてくれたそうです。

突然、感染症関係が心配になって調べ始めていますが、ほかにもこちらの人は肝炎になる人が多いらしくて、水道水を含めて水がやはり悪いんですね。すべては水なんです。
「洗って食べたらいい」と思われているその水がもう、汚染されているんだからどうしようもないというか、生ものは水や野菜を含めてすべて食べないという選択肢以外にないようです。


ねこ  肝炎の予防注射、やっぱりやっときたい! 

かめ  肝炎ねえ

ねこ  髄膜炎もやっぱり流行してるって政府のサイトにあるじゃん!

かめ  かかった人これまで聞いたことないんだ

ねこ  髄膜炎は2日で劇症的に進んで死ぬ確率高いとありますよ…


日本を出るときは、「できるだけ予防注射はしたくない」とかほざいていた私ですが(それはジャーナルにも書いてます、3月ごろだったかな)、すみません、訂正します。
「できるだけ予防注射をしたい」に変わってきました。


これからコートジボワールに来る人へ!
読んでいらっしゃったら、入国マストの黄熱病に加えて、狂犬病(放し飼い多い)、A型肝炎(水道水と生野菜摂取で感染)、髄膜炎(2日で劇症化、死亡率高)はやっておいたほうがいいです。


危険と隣り合わせであることを日々実感しながら過ごしています。
強く生きて、無事に日本に帰れますように。あ、フランス語も少しは覚えられますように。

スポンサーサイト
2017.06.04 Sun l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/551-aa3d6010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。