FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


ぼんじゅーる、アビジャンからです。
きょうはサツマイモの葉のソースを作りました!
サツマイモの葉といっても、私たちの知っているイメージではなく、朝顔の葉に近いです。


ねこ  スコール止んだら、サツマイモの葉のソース作るから買い物行こ!

かめ  おお!


買い物は聞こえる人が必要です。


ねこ  あれかな?

かめ  パタト?

店員  ウィ、コンビヤン?

かめ  これだって、いくつ買うの?

ねこ  ひとつでいいよ、いくら?


これは10円で確保しました。
スコールのあとはマーケット全体が泥道で、払おうとしたときにぬかるみに足を突っ込んでしまいました。



ねこ  うおお・・・(足を抜く)

かめ  わっ!

ねこ  こうして破傷風になるの見本みたいなはまり方してもーた

かめ  怖いよ、足に傷とかないよね?!


ペットボトル売りしているパーム油を100円で手に入れ、帰路につきました。
入り口の雨水で足を洗ってから家に入り、レシピを翻訳してから煮込み始めました。
もらったレシピにはアク抜きするとは書いてないけれど、アク抜きしたほうがいいと思います。


〈材料〉
サツマイモの葉250g、肉200g★(衛生的なものは入手不可、省略)、魚1★(オイルサーディンで代用)、オクラ2-3、パーム油100ml★(日本では入手困難、サラダ油で可)、玉ねぎ半分、ネギ半束★(買い忘れた)、塩、エビ粉大さじ半分、水2カップ

〈作り方〉
0 葉を切り取り、熱湯でアク抜きをする★(レシピにないものの洗う水がもったいないこともあり雨水で実行)
1 鍋に肉と魚を入れ、水カップ1を加えて10分強火で火を通す
2 魚を取り出し、細かく刻んだサツマイモの葉と水の残りを加え、パーム油、みじん切りの玉ねぎとネギ、ブイヨンを入れて10分煮込む
3 魚を細かく切り、鍋に魚、エビ粉を入れて10分煮込む
4 刻みオクラを入れて20分煮込み、パーム油を表面に注ぐ
5 塩とトウガラシで味付けする
6 米かフフ(イモ類の粉をこねて混ぜたもの)と合わせて食べる


お腹の掃除によさげです。
日本もサツマイモの葉を食べるといいですよ。
捨てるなんてもったいないので。


写真は煮る前と後です。
主食はアティエケ(キャッサバ)とヤム芋の湯がいたもの。

これは色は悪いけれど、そこそこ美味しいです。
ほうれん草は私たちの地域ではなかなか手に入らないので、水分をもっととばして、また作ってみます。
冷凍肉を手に入れて、これと煮込むと現地のあるある料理の完成です♪

スポンサーサイト
2017.06.21 Wed l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/562-b43e2f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。