FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

ぼんじゅーる、アビジャンからです。

2時間以上も遅延した飛行機がアビジャンに到着して、そこからビザのことなど1時間ほどかけて、ラゲッジレーンに来たら、なんと荷物喪失!

フランスにあるそうです。
謝りもなく、「配達は無料です」って。
ここ、住所ない国なのに大丈夫なのかな。
とりあえず分かりやすい場所にいるので、電話で連絡とりながら持ってきてもらうことになりました。
聞こえる人がいないとまたここで壁にぶつかります。

うちに着いたら、水道はやはり断水中で、それでも雨は降ったみたいで桶に水がたまってました。

先進国の感覚で水を使ってたら3日でなくなります。
本当にそこは気をつけていかないといけないところで、トイレの水を汲んで、風呂には入らずに寝ました。

きょうは荷物待ち。
ないと困るものがたくさんあります。
蚤の市で買ったある物や、パソコンの電源コード、英語の本など。

お昼すぎ、近くにご飯を買いに行きました。
アティエケと魚を高温の油でじっくり揚げたものが葉っぱに包まれてます(写真)。
ガルバと呼ばれていて、労働者(男性)の食べ物らしいです。
魚は大きさで値段がちがって、これは一番高い魚で、全部で400セファ(80円)しました。


ろうのおじさんから教えてもらって食べ始めたガルバは、わたしがお腹を壊さない唯一のストリートレストランの食べ物です。

ただ、このガルバは女性には不人気で、ろうの集まりでお昼ごはん何食べるのって話のときに、「これ買ってきた!」とガルバを見せると、「かわいそうに…」という意味の手話をされました。


ねこ  なんでかわいそうなんかな?

かめ  日本にせっかく来た外国人がわざわざ食べててかわいそうなものってある?

ねこ  えー、チェーンの牛丼とかコンビニのオニギリとか?

かめ  あ、それかもね?(笑)


でもね、ストリートレストランで他のものはてきめんにお腹こわすから、ガルバがいちばんシンプルでいいんですよ。
高温で揚げた魚は、菌とかもしんでしまって良いんでしょうね。

毎日のお昼ごはんは、これだけでいいです、本当に。
トウガラシのトッピングは取り除けて、晩御飯に使うし。
他のもの食べたらお腹壊すので、ガルバで一食を過ごそうと思います。

スポンサーサイト
2017.07.05 Wed l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/567-75e02450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。