FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



ぼんじゅーる、25~29度の範囲で比較的涼しいアビジャンからです。


ここでは服はオーダーメイドがほとんどです。
かめの服をオーダーしたのは臨月間近まで働いてた仕立て屋さんのところ。
赤ちゃんが生まれて、お願いしていた締め切りに間に合いませんでしたが、お祝いごとだからと待って受け取った服はなんとサイズが合わなく、小さすぎでガッカリしてしまいました。
当たり外れがあるんですねえ。
腕の良い仕立て屋さんは結婚式の服も受注するそうで、てんてこ舞いだそうです。

たまたま、紹介してもらって行ったところだったので、まずは紹介してもらった人に話しました。


ねこ  これは何なのよ~!
友人  落ち着いて、落ち着いて
ねこ  小さくて着れやしない!
かめ  ボタンが全部締まりません…
ねこ  ほら!子どもじゃないんだよ?
友人  私が話をつけるから


とは言っても、小さく切ってしまったものをどう大きくするのでしょう?
勉強代と思って諦めるしかありません。
すっかり落ち込み、翌日会うと「ねこにプレゼントがあるって人が来てるよ」とのこと。


ん?


以前、見学させてもらったメインストリームの小学校で研修していた先生の卵さんでした。

聞こえない子も通うメインストリームの学校で手話を使って教えていて、指導力のある若い先生です。

素敵な服を着ていたので、素敵だと伝えると、研修が終わるときに服をプレゼントします、と言ってくれてて、そのことを守ってプレゼントしてくれたのでした。

(実を言うと、私の苦手な赤と黄色ですが、コートジボワールではハッキリした色合いが好まれています。)

セットアップふたつのうち、ひとつはやはり私には小さいのですが、スカートは入ったのでこのまま着ます。
トップスのほうは、背中が入らないので、靴みたいに紐ゴムをクロスでかけたらいけると思うんですが、うまくリフォームできるかな。
同系色のTシャツを切って縫い足すとか、何か考えてみたいです。


私たちの服のほうは、気を取り直して別のお店でオーダーする計画を立てなきゃ。
ここでは布屋さんでパーニュという生地を買い、そこから持って行くのです。

コートジボワールにいるあいだだからこそ着れる服なので、アクシデントはいろいろありますが、色鮮やかな伝統を楽しもうと思います。

スポンサーサイト
2017.07.18 Tue l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/574-ce913a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。