FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top




グッモーニング、ガーナからです。


西アフリカ圏を車で陸路国境超えするという、夫ともども初体験したことについて、ことの始まりから書きたいと思います。
長くなるのでビフォーアフターで分割します。


ガーナはコートジボワールの右隣にある国で、アビジャンからは陸路での移動が可能です。


ガーナの首都のアクラまで国際バスが出ていることは分かったのですが、バス乗り場やチケット売り場がどこにあるかはわからず、周囲に聞いて回ってました。


そのときのやりとりから、ろう者も聴者も、場所の説明が下手だなあ、それは何故なのか、第三者に分かるように説明する訓練を受けてないのかなあと不思議に思っていました。
複数のろう者と、このような会話をしました。


ねこ  ガーナ行きバスどこにある?

ろう  空港の近く

ねこ  バス会社の名前は?

ろう  名前は、うーん、ガーナ行きのバス(そりゃ名前じゃない) 

ねこ  チケットはどこで買うの?

ろう  空港の近くのバスたくさんあるところ(そりゃバスはたくさん並ぶだろうよ)

ねこ  空港の近くってどこ?

ろう  見たら分かる、バスがたくさんあるから


これでは分かりません。
聞こえる人にも聞きました。


ねこ  ガーナ行きのバスはどこ?

聴者  トレッシュヴィルにある(やっと名前出た!)

ねこ  トレッシュヴィルのどこ?

聴者  バス乗り場

ねこ  バス乗り場ってどこ?

聴者  タクシーに言えば分かるよ(何て言うんだ?)

ねこ  バスは毎日出てるの?

聴者  コートジボワールのバスのほうが安いよ、毎日出ないけど

ねこ  出るのは何曜日?

聴者  知らない、切符買うときにわかるよ

ねこ  そんならガーナのバスで行く(毎日運行)

聴者  コートジボワールの方が安いのに


いやもう。
なんかイラッと来ますよ。
まとめてるから一人との会話に見えるけど、多数と断片的に会話した内容です。
バス情報に限らず、なにごともこんな風に相手のニーズに応えきれていない感じですね。


もう、飛行機で行くか?
飛行機なら高いから、夫だけ行くか?
そんな会話も平行してやってました。


断片的な情報をもとに、接続料が高くて電波が薄いネットで検索し続け、STCというガーナの国営バス会社があることがわかりました。


バスチケットの予約の方法は、ビザを申請した在コートジボワールガーナ大使館の窓口で聞いて、やっと分かりました。


この間に、親がガーナ人でよくガーナに帰るという人や、恋人がガーナ人で遊びに行くという人にも聞いてましたが、答えは上に書いたもの以上ではなかったです。
頭の中を?マークが飛び交う日々でした。


ねこ  なんで説明が苦手なんだろうね? 第三者に説明する訓練や経験は?

かめ  村社会だから「空港の近くのあれ」「見たことあるある」の会話が成立する期待がある

ねこ  無理やろ、わたしら外国人なのに


少し思ったのは、日本でも、お店の場所を聞かれても「赤い屋根」「駅出てまっすぐ」「行けばわかる」的な説明をする、主にろう者にあるあるの風景かなと。
手話サークルとかで近くに聞こえる人がいたら「代わりに説明して」とリレーしたり。
あるあるじゃないですかね?



陸路ガーナ入り、まとめます。
とても簡単ですよ。


1. 前日までにチケットを買う。当日不可。電話予約不可。
「トレッシュヴィル、ガーナ、STC」というキーワードでタクシードライバーと交渉する。タクシー代はあなたの交渉力と天気と目の前の渋滞状況しだい。

2. バス会社に予約しに行くときは、パスポート必要。入っていくと奥に窓口があり、値段、行き先、出発時間が黒板にチョークで英仏併記されている。運行は一日1本。目的地までの途中で降りたいときは、降りる!とドライバーに言う。首都アクラまで19,000セファ。内訳は14,000セファがチケット代で国境を超える費用が5,000セファ。

3. 当日はトイレを済ませて朝早く行く。荷物預けは有料。タカリ屋が多数いるので気を強く。パスポート、黄熱病接種証明は必要。髄膜炎の接種記録があれば持参。バスは黒板時間では8:30出発。実際は9:30出発。以後、8〜9時間後に入国してバスと別れるまでトイレはどこも有料。100セファか1セディ必須。男性は特に大と小で料金が倍違うのでお腹を整えておく。

4. 昼に国境でイミグレ通過。行きのガーナ側では賄賂は必要なし。(帰りはこれから初体験予定)ご飯はここで買えるが少々高い。持ち込みが賢い。SIMカード屋や紙幣の換金屋がいる。必要な人は買うべし。ガーナ入国後は難しい。

5. ガーナに入っても風景は同じ、バスの中は黒シート貼りだから撮影には残念。到着したら、乗り合いワゴンの勧誘がたかってきて荷物を引っ張るから、「触るな!」「必要ない!」と全力でブロックして速やかに立ち去るべし。


グッドラック!


周りに聞いて回って分かったのが1のキーワードだけと言う状況で、ストレスの日々でした。
乗り場に向かってからのハプニングを次に書きます。
スポンサーサイト
2017.08.04 Fri l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/580-c941455d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。