FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_20170814_115248.jpg

※発音表記修正あり、ぺんす→ぱんす 

ぼんじゅーる、常夏のアビジャンからです。
ずっと夏だなあ。タンクトップ1枚とアフリカ布仕立てのスカートかパンツでうろうろしています。
写真は、コートジボワールの人たちが使っているほうきです。
なんとなくどこにも置いてあって、今まで写真に撮ってなかったな、と思い、撮ってみました。

ここの生活も予定では10月まで!
10月からは、ビザ関係がうまくいけばヨーロッパに移動する予定です。
あともう少しだ、と思うと、何をやりたいか考えるようになりました。


【布地を探しにあっちこっち行く】
帰国後につながるプロジェクトとして、アフリカ布で浴衣を作りたいです。
これは、スイスの博物館で見かけたのですが、京都で活躍されているというフランス人(たぶん)の芸術家がアフリカ布のパーニュを浴衣に仕立てて展示していました。
へえ、すごいなあ、と思って真似しようと思い、さっそくネットで検索して日本で仕立ててくれるお店と連絡を取っています。
その布地を探してうろうろと徘徊しようかと。
ユニワックスとかウーディンというブランドがあって、結構な値段です、ユニワックスは高くて最高8000円ぐらい。
ウーディンは安いもので3000円ぐらい。
どちらのブランドでもない、ヒットしたデザインをコピーして量産し、堂々と売っている庶民的な布は800円から1000円ぐらいです。


【上達しないフランス語をどうしようか】
フランス語、思ったより上達しないです。音声では使わないので。
覚えても手話対応のフランス語で、それをフランス語と同じと思ってしまうからまずいですね。
「まんじぇ・みでぃ」とか。(昼ご飯)
ぱんす・くわ?」とか。(どう思う?)
これは手話の文法です。
フランス語の文法は違います。フランス語は…はっきりとはよくわかりません。
分からないけど、ちょっと自分で読む努力をしないといけないなと思って、あんすてちゅ・ふらんせで閲覧できる各種新聞を読もうと思います。
不動産の広告欄とか、気に入った写真の記事をひとつとか、時間があれば楽しめるので。


【コートジボワール料理を楽しむ】
せっかく、マイ臼と杵も買ったことだし。
よいキャッサバとプランテンバナナを手に入れて、バナナフトウを作ります。


【招いてくださる方と一期一会の交流を】
家に招いてくださる方がちらほらいらっしゃいます。
ありがたいですね。
もう時間的に最初で最後、一期一会と言うのでしょうか。文化とか背景とか違っても、分かり合えるもの、何かがあります。
そういう時間を積極的にもとうと思ってくれる人たちとの時間を大切に、過ごしたいです。


【水と衛生の関係、水の大切さを心に刻む】
水の出ない暮らしは、とても言葉に表しきれないぐらいしんどかった!
食あたり、断水、熱帯熱マラリア罹患(夫)、二度の発砲、物乞いとあったなかで、水が出ないのが一番つらかったです。
夜中に水待ちで、夜空を眺めて泣いたことも数知れず。

それがもう最近は夜間限定とは言え、水が出るようになりました。
このことで、友人とのやりとりがずっとエコーしています。


友人  最近どう? 水は?
ねこ  夜に水でるよ、すごいよ! 貯水バケツもペットボトル40本も満タン!
友人  良かった、10月までこの状態が続いてほしいよ
ねこ  ほんとだね!


という会話をしたのですが、10月まででなく、ずっと続いてほしいです。
午前6時にはもう断水しているので、できたら朝から昼も水が出るようになってほしいです。
それが私の願い。
水がなくて大変だ、大変だというときにも、やりとりをしました。


友人  ねこはケチケチしすぎなんだよ、もっと使いたいように水を使うべき


ということを、夫に言ったそうです。
水ならいくらでも運ぶから言ってくれたらよいと。
でも、それは1キロぐらい先の教会で、そこから運搬用の容器に1つずつ詰めて、リヤカーで運んできてくれるんですよ。
それを気軽に頼めるとは思えない、申し訳ないじゃないですか。


友人  この水は3日でなくなる量だよ、ねこどこまでケチケチ使ってるの?


でもね、この友人が別の人とのやりとりで、「雨が降ったらうれしいね、洗濯ができるから」という会話をしているのを見てしまいました。
雨が降るまで洗濯はできない、雨が降ったらたらいに貯めて洗う、という生活をしているんです。
それに、風呂に入れない(水がないから)ときも、「コップ1杯の水で体を拭いてきた」と言う話をしているのを見てしまいました。
けちけちするなって言うのは、自分の欲求でもあったわけですね。
そして、私にそんな生活をさせたくないという気持ちもあったのかな。
一度だけ、尋ねられました。


友人  日本では水道は止まらないの?

ねこ  止まらないよ、そんな止まったら事件だよ

友人  夜だけ出るとか、そういうのも?

ねこ  ない、24時間365日出ます!

友人  そうなんだ…


水でた、でない、が日常のあいさつでもあったわけですが、日本の状況を尋ねられたことは一度きりで、それからずっと、水のことを気にかけてくれています。
日本ではずっと出ていた水、お湯さえもあって、その生活からここに来て、コートジボワールのことをどう思うんだろうと想像してくれたんだろうと思います。


その水道水自体が衛生上、ちょっと問題がある(A型肝炎になる恐れがあって、この国の肝炎キャリアは8%)というのは置いておいて、まず、洗濯する水、体を洗う水、食器を洗う水、衛生を保つために必要なものです。
その大切さは、言葉に表せないぐらい、ずしっときてます。
友人のこれまでの心遣いも、ずしっときてます。


10月まで? そうじゃない、ずっと出てほしい。
秋にコートジボワールを出るにあたって、私が願うのは水が毎日出る環境です。
そのことをずっと祈って、残りの時間を過ごそうと思います。
ろう者の教育とか、ろう者の仕事や待遇とか、そういうことも気になりますが、まずは水さえあれば、心和らいで一日を過ごすことができます。


ふり返って強烈に残るのは水のこと。
思うほどに伝えられない、表現のもどかしさを感じるけれど。
日本で水がある間はぜいたくに使うでいいと思います、節水してもらっても、アビジャンには届かない水なので。
でも、知ってほしいですね。
世界には、まだ24時間水道が出ない国があるんだっていうことを。
それが人口500万をかかえる大都市、アビジャンでもそうなのだということを。
水がないから容器に貯めていて、そのせいで蚊がわいて、マラリアやデング熱が日々発生しているということを。


残暑厳しい日本の夏、海水浴にプール、疲れた体に暖かい風呂や温泉と、「水」を贅沢に使えますように。
日本の「贅沢さ」が続くことも、もちろん祈っています。

スポンサーサイト
2017.08.21 Mon l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/589-f0d34b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。