FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top




ぼんじゅーる、断水状態が復活したアビジャンからです。
日本は北朝鮮が日本上空の宇宙空間を通過するミサイルを発射したとかで、大騒ぎになっていて憂うつです。

今日の写真は、安全な政治地区のプラトーで撮ったバスです。
このバスが私たちの地区から出ていることがわかり、初めて乗ってみました。
タクシーの倍以上の時間がかかりましたが、危険だから乗るなと言われたのが嘘みたいに親切な人ばかりで、乗客にも運転手にも助けられました。


さて、昨日の朝、ちょっとした良いことがありました。
朝は歩いてすぐのパン屋さんまで、いわゆるフランスパンを買いに行くのですが、私が並ぼうとしたところに子どもがサッと確信犯的に並びました。
急がないのでいいかと並びに入ると、別の女の人に横から明らかに割り込まれてしまいました。


うん、アフリカあるある。
ここは割り込み平気なところなんです。
嫌な気持ちになったけど、二人ならと思い、黙って待とうとしたら、いつも注文するバゲットをパン屋さんが手にか取って、割り込み客を素通りして私に渡してくれたのです!


おおお。
倫理あるパン屋さん!


すぐさま、握りしめてきた100CFA硬貨を渡し、朝からいい気分になりました。


さて、断水が連続しているので、大家さんちの貯水タンクからの取水が始まりました。
朝からペットボトル16本を詰めて、階下から階段で3階まで、4本ずつ抱えて運びました。
バケツでもいいのですが、転けそうで、水も飛んでもったいないのでペットボトルが確実です。
エレベーターなんて無いですもんね。
ちょっとした筋トレと思えば何ということもありません。

隣人のナイジェリア人のだんなさんに会ったので、お宅は水来てますか?と聞きたかったところをトチって


「ろー カムズ トゥ ユア めぞん?」


とフランス語と英語ごちゃまぜで聞いてしまい、だんなさんは「ウォーター?」と返してきました。
ナイジェリア人に英語チェックされるとは!


「うぃ ウォーター」


またごちゃまぜです。
もうダメだ、ねこりん。
だんなさんは、大家の水を使えばいいよー、と身ぶりで言って出勤していきました。

かたまりで覚えて使わないとダメですね、こういうフレーズは。


「いりや ろー あ ら ぼとる めぞん?」


って言うのかな…とフランス語をつぶやきながら水を運びました。


貯水の使用量にも制限をかけます。


・風呂はペットボトル4本まで。
・顔はコップ半分の水で洗う。
・歯磨きはコップ1杯まで。
・洗い終えた排水をトイレ用に。
・下着や服をもう一日長く着る。
・皿を洗う料理はしない。


頭を洗わなくても、タオルで髪の根元を拭くだけでもだいぶ違います。
アルコールジェルを塗るのも、すっとして効果あり。
もう少し困り始めたら、洗濯や洗髪は外でするとか、なんとかします。


それでも、今日は熱帯らしくカーッと晴れたので、思い切ってお洗濯しました。
洗濯機、そんな文明の機器はありません。
手でゴシゴシ洗ったり、足踏みしたりして、ついでにマイ腕も足も洗えるので一石二鳥。
このとき、少なめの石鹸で汚れているところだけを洗うのがコツです。
泡立てると、ゆすぎが大変!
合成洗剤はこれでもかと泡立つので、白のレースの服や汚れの目立つものを洗うときにしか使いません。


午前2時に起きてからずっと水を待っていたので、洗濯したあと昼寝(朝寝?)しました。


週末はずっと停電していたのでどうしようもなかったのですが、復旧したのでコーヒーを沸かし、アボカドの種のお茶も作り、飲み水を確保したあとはのんびりと過ごしてます。

スポンサーサイト
2017.08.29 Tue l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/594-a25f113f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。