FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



ボンジュール、フランスからです。


今日でジャスト2週間の滞在になりました。
ほぼ毎日出歩いていたので、疲れも出てきやすいころです。
気温の上がり下がりが激しいのも、ちょっと疲れます。
到着した時は朝6度?!というような気温だったので、サンダル履きの素足に痛く響いたものですが、ここ数日は20度近くまで上がってきているので、アビジャンの早朝の25度とそう変わらない(とは言えないけれど)感じになっています。

今日はマルシェの朝市で芋類を買ってきました。
フランス語は声では会話がよくできないので、指さしで買っています。
一度紹介されて行っているので、お店の人もアジア系はめずらしいだろうし、さらにキコエナイ手話を使う人ということで、覚えてくれてはいる(はず)です。
フランスのマルシェで助かるのは、ぼられないことです。

声が通じないということで、値段がわからないときは、手のひらにお金を乗せていればそこからてきとうに(正しく)取ってくれます。
カードが使えるお店の場合は、カードで決済します。
アビジャンでは、肌の色が違うというだけでぼられまくって、ストリートマルシェでの買い物は場所によってはマシだったけど、ひとりで買いに行くことがほとんどできなかったです。

フランスはフレッシュなマルシェが至る所に出ていて、農家が直接、新鮮な野菜や肉類、ナッツ、花などを売っています。
けっして安いというわけではないのですが、新鮮さという点ではスーパーの品より格段にクオリティが上です。




大人買いをするというのもマルシェの特徴で、クロワッサンを10個も買ってしまいました。
10個買うと3ユーロ50で1個あたり0.35ユーロで、町売りで普通1ユーロからなのがぐんとお得になります。
多すぎるかな?と思いましたが、私がペロッと食べるから夫とふたりで消費していけば、あっという間でしょう。

午後からは、図書館にこもって、図書館のWi-Fiでネット作業していました。
ワインとクロワッサンの記録を撮ろうと画策していて、ツィッターでやろうかどうかいろいろ考えていたんですが、ぱっと見た目に画面で出てくるのがほしかったので、ブログにしました。
フランスプロジェクトその1、完。
いえいえ、進行開始。

明日は、手話関係で長い一日となりそうです。
夜まで時間があくので、クロワッサンを求めて散策してみようかな。
公園で読書を楽しもうかな。

つぎの写真は先日散策していて見つけた、フランスの焼き物、リモージュです。
いたるところリモージュで、しかも、蚤の市で夫が見つけたお皿と同じものが売っていて、おおっとなりました。



そして見つけたもの!最初の写真のデイツのもととなる、生デイツです!
ぶどうかと思って何往復かしたあと、夫と買いに行きました。
食べ方を教えてもらい、店主は『そのままかじったらいいんだよ!ただし種があるからね』と茶目っ気たっぷりな人でした。
味は日本のカキです!柿!




フランスの秋! すてきですよ。
ここにきて本当によかったです。


スポンサーサイト
2017.10.19 Thu l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/604-0d1451ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。