FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



Bonjour フランスからです。

パリにあるいくつかの図書館ではろう者が雇用されていて、手話のイベントをよく開催しています。

絵本の読み聞かせなど、大人はもちろん、子どもも参加しやすくなっています。
過去には手話のカードゲームなどの企画もありました。

図書館の手話コーナーには、こんな手の形で分類した絵本もありました。(トップ写真)
子ども手に取りやすい大きさで、手話ポスターとともにほどよい高さ(ここ大事!)に展示されていました。

今日はロシア由来の作家が書いた絵本の紹介と、それらの手話表現でした。
ベテランろう職員が国際手話もまじえて、要所要所はフランス手話単語を絵本を見せながら、私に分かるように表してくれました。
手話のDVDがついている絵本には、手のマークがついています。





いくつかのお話を堪能したあとは、ミニパーティーです。
名前がロシア由来のお菓子など、飲み物とともに用意されていました。
図書館でここまでしてくださるなんて、感激です。

フリートークでは、手話を学習中の聞こえる人と仲良くなりました。








ときどき、こういう企画があると、企画のおかげで人と繋がったり、本に触れたり、手話を学んだりもできるので、助かってます。
実際ここから、ろう教会につながり、日曜礼拝の場所がわかったのでした。

パリ旅行の際は、図書館情報もチェックされることオススメです。フランス語だけど。
参加費はもちろん、無料です。
スポンサーサイト
2017.10.30 Mon l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/608-77a30c3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。