FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



Bonjour フランスからです。

ルルドから少し先の駅でトランジットし、トゥルーズを経由して、焼きもので有名なリモージュの町に、夕方着きました。
地図的にはこんな感じで、フランスの国鉄運営のウィバスを乗り継ぎました。





ルルド滞在中、毎日通ったパティスリーでクロワッサンとエスプレッソをいただき、おやつのメレンゲ(トップ写真)を仕入れて、ルルド駅に到着したのは朝の8時。


…誰もいません。





ここでは人々は電車で通勤しないのでしょうか。
ホテルとお土産産業だけなら、衰退してしまいそうです。
フランスでも若者の宗教離れがあると聞きますし、巡礼に来るのはお年寄りばかりでした。
少しネットで調べたら、ルルドは数年前に大きな洪水の被害にあい、街が寂れてる原因のひとつになっているそうです。


タルブ駅で、長距離ウィバスに乗り継ぎました。


しかし!


駅で地元バスの場所が地図とは違ったことや、せっかく見かけたバスを降車のためと思い込んだこともあり、逃してしまいました。


次のバスは…ありません。


駅前タクシー!?
流してません。


こんなときのUber!?
都会でないのでシステムなし。


こんなときのタクシーアプリ!?
えっ近距離40ユーロ?!
これは払うかどうか相談だわ?!


そんな間に、友だちが町バスに話しかけて、次のバス停につれていってもらいました。
でも、バスがこないとわかり、翻訳アプリで必死に会話。


タクシー呼んでください!


すでにダイヤル画面も出してます。


目の前にタクシーあるよ!


と言われて、飛び乗りました。
ウィバスチケットを見せたら、オッケー!と発車し、着いたのは幹線のバス停。
でもウィバスと書いてない、町バス停留所なんです。
タクシー代金は約9ユーロ。
よかったよ、40ユーロのハイヤー頼まなくて。


先にいたマダムにチケットを見せたら、ここよ、と確信発言。
マダムもキャリー持ちで、タルブからトゥルーズに出かける模様、と判断して待ちました。


ウィバスがやって来て、ちゃんと止まってくれました。やれやれ。
長距離バスは駅発着がいいですね。
トゥルーズで乗り継ぎがあり、1時間待ちの間、ケバブランチをしました。
写真はトゥルーズ駅です。
冬にはクリスマスマーケットが開かれるんですって。





フランスに来てから、ファストフードの冷凍ポテトのフライがまずく感じられて抵抗があったけれど、もうだいぶ慣れてきました。
アビジャンでは、芋から切って調理してたんだよね。
芋からポテトフライを作ってごらん。
ファストフードのポテトフライなんてお腹を膨らますだけのカスカスの油の味!
これがフランスで初めて冷凍ポテトのフライを食べたときの感想です。
だからポテトフライをつけるか迷ったのですが、そこは冷凍でもポテト!
別名ポム子と名付けられている私は、ポテトフライが大好きで、やはり頼んでしまいました。
そして、口にして、ひそかに(アビジャンのポテトフライの方が絶対うまい)と思ってました。


時間になり、トゥルーズからリモージュへ。
ウィバスは指定席ではないので、人だかりができます。
ドライバーがスマホでコードをかざしたり名前をチェックしたりして、乗り込みます。
チケットでなく、QRコードをスマホで見せるだけ。
なんだか高齢者に優しくないなあ。
スマホを使えない人には不便です。
でも、周りの家族がやってくれるのかな、フランスだと。家族が第一の国だから。
そんなこんなでまたまた揺られて、お土産のマリア様の水ボトルをかかえて、ようやく夕暮れ時にリモージュへ到着しました!





リモージュでは、Airbnbのシステムで民泊しました。
日本でもテレビで取り上げられたエアビーです。
ただ、民泊もいろいろだなと思います。
必ずしもオススメでないこともあるし、ろうで日本人、アジアとなると、予約の段階で無視されることもあります。
さすがフランス、遠回しにエアビーポリシーに違反しないように対応してきます。
その時間は家にいないおそれがあります、とか、その日(違う日)は不可です、などと、確信的にコミュニケーションがズレたふりをしてきます。
アメリカだと絶対に人種差別で問題になるだろうなあ、と思うことがこれまで何度もありました。


さて、着いた日はハロウィン。
夕暮れ時の町には、仮装した子どもたちが乗った路上バスのようなものが走り抜けました。
のどかですねえ。





一夜明け、焼き物散策に出かけてきます。

スポンサーサイト
2017.11.01 Wed l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/610-29bd7569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。