FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



Bonjour フランスからです。

今日は第一日曜で、特に10月から3月にかけては、パリのメジャーな美術館や博物館が無料になります。
写真は、移民博物館の入口にあったアートで、移民の乗ってきたボートをイメージしたものが作られていました。

障害者割引について。
当たり前ですが、「フランス政府発行」の障害者証明が要ります。
日本人は、日本の障害者手帳を法定翻訳してもらって、アポスティーユを外務省でとってくれば、無料ないし減免措置を受けられるそうです。

フランス国籍やヨーロッパの国籍の人は、障害があったり求職中であれば、証明を見せたら無料になるところが多いです。

私は日本の手帳のアポスティーユは取ってこなかったので、無料のときに来たらいいかなと思って、第一日曜に美術館、博物館訪問を計画することにしました。


最初の階段で歴史の説明があり、ピカソを拒否したということを知りました。
若きころのイケメンのピカソの写真もどうぞ。





こう言っちゃなんですがフランス政府は、はっきり言ってあほですね。
ピカソを受け入れていたら、今ごろどんなことになっていたのか?と思いますが、有名になったらちゃっかりピカソ美術館なんかパリの中心地につくってるし、それはなんやねんと思います。

若きころのピカソはVivinあたりのカフェに出入りしていたそうですよ。
お金がないから後払い、出世払いで!と絵を差し出していたこともあるのでしょうか。

宗教の融合とコンフリクトについて、共生をテーマにした展示を見ました。
映像に字幕がついてます。
フランスの南の港町マルセイユのクリスチャンと北アフリカのムスリムの融合と共生がテーマでした。
それもなんだかなと思う構成でしたが、宗教のことなので、ここでは深入りしないことにします。


フランスの移民の割合は

1901年 3% 
1921年 4.4%
1974年 7.3% 
1990年 6.5%

と、こうなんだそうです。


現在に至るまで移民はフランスにとっては安い労働力ですよね。
社会の格差とコンフリクト、治安、宗教の相違によるせめぎあい。
そんなものを感じ取り、重かったです。

フランスは移民にオープンなのか?と言うと、日本よりはそうであるけども、経済格差をうまく利用してきた、したたかさが見え隠れします。

少なくとも、短期旅行でフランスに来る日本人は、エッフェル塔、凱旋門、ブランドショッピングで、移民問題とかは考える余地はないでしょう?

移民と思う肌の色の違う人や、ムスリム、アフリカ系を見ると「あら怖い」「このあたりは治安が悪いのね」で終わるのではないでしょうか。
そんなことにも思いを馳せ、イライラしてしまいました。

ここは字幕はあったけども、それも含めて展示はオールフランス語です。
受付に耳マークがあったので「手話かオーディオの文字サービスがありますか?」と聞いたら、そんなのありませんと軽く笑われました。
このような場面では笑わない方がいいと思いますが、よくわかりません。

あと、実質的に車椅子はまわるのは不可です。
障害者割引は要らないので、エレベーターつけてよと思いました。
車椅子不可で、障害者は無料ですって、ブラックにすぎます。

冷えすぎて、マルシェでムスリムキャップを買いました。2ユーロと安かったのと、耳までかぶれるから暖かいかなと思ってのことです。
海外暮らしをしていると、ファッション的にムスリム系だからどうこう、あまり意識しなくなってます。
ただ、ルルドのメダイをチョーカーにしてたので、合わないなと思い外しました。


午後は工芸博物館へ。
駅が潜水艦モチーフですごいのです。
これを見たくて来ました。博物館は? おまけです。





凄いでしょう?
政府プログラムのフランス語研修の場所に相談に行ったときに、この駅を通過して驚き、また行ってみたかったんです。



ここは手話マークがあり、予約すればろうによる手話ガイドがあるそうです。
再訪決定ですね!
受付には、手に麻痺のある女性が働いていて、当日でも大丈夫か問い合わせてくれました。



ここで驚いたものは、このコウモリをモチーフにした飛行機です。
どのぐらい飛んだのでしょうね。
個人的には、螺鈿細工のミシンが気に入りました。
乗り物の展示や、大量生産労働に至った数々の展示があり、好きなところでじっくり見ればよいと思います。

次は12月第一日曜に、また回ります。
スポンサーサイト
2017.11.06 Mon l diary トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://deafjournal.blog.fc2.com/tb.php/612-59ea9952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。